転職理由はどう述べるべき?

パート薬剤師 → パート薬剤師の転職理由の建前と本音

パート薬剤師の転職理由の建前と本音

表だって言うことではありませんが、薬剤師の転職理由にも建前と本音があります。転職する際、マイナスな理由を面接で積極的に語る方はいないでしょう。しかし面接で転職理由を話す場合「スキルアップのため」など自分の将来性のためを理由にするのではないですか。
パート薬剤師求人サイト

本音の部分では、給与に見合わない労働を強いられる、人間関係が良くない、遣り甲斐が感じられないなどという理由があります。例えそのようなマイナスの本音があるとしても、転職のために行動を起こすのは、そのマイナスの環境に自分自身を置いておけないと判断したからです。スキルアップのためと言う転職理由は、結局建前であっても本音に近いのではないでしょうか。

さて転職の際、焦って転職する前に今一度薬剤師の仕事について考えてみましょう。薬剤師は一日に処理する処方箋の枚数が決まっていて、給与に上限をかけられたのも同じです。しかしこのことは職場を変わっても変わることはありません。

その上人数の少ない薬局では、どうしても雑務を分担してもひとりひとりの割合が大きくなってしまいます。給与に見合わない労働というのは、このような部分も含んでいます。

では人間関係を理由に転職をする場合、次の職場が必ずしも良い環境なのかはわかりません。人間関係は自分のコミュニケーション能力を上げ、良い関係を自分から築き上げることの方が重要なのではないでしょうか。

しかし、保険を適用できる漢方が増えたことから、西洋医学と漢方を合わせることを主題とした薬局も増えてきています。それは今まで得た知識や経験を活かしながら、新しく漢方という分野も学ぶということです。

確かに薬剤の調合は神経を使います。お客さんに対しても細やかな配慮が必要でしょう。このような中でさらにスタッフとの人間関係に気を配れというのは大変疲れるものです。

ですがこれは薬剤師だから起こりえることではありません。他の企業でもいくらでも起こっていることですし、自分のコミュニケーション能力を上げる努力をしている方もいます。また人の話を深刻に受け取りすぎるのも考え物です。つまり、上記の二点で転職を考える際、次の職場でも同じようなことが起こるかもしれない可能性があることを覚悟してください。

薬剤師の転職先、MRという職業

薬剤師が転職する先として、MRという職業があります。MRとは、医薬の情報を病院や薬局などに提供します。この情報の中には、薬剤の特徴から使用方法、効果や副作用などすべての情報です。

MRは複数の病院や薬局を周りますので、営業職とも言えます。病院を担当するには、相応の知識と経験を求められます。特に大病院となると、医師の数も多く、単に仕事をこなすだけでなく雑務や人間関係も構築しなければならないので大変ですが、やりがいがあります。

扱う薬の分野は、その製薬会社の傾向にもよります。抗がん剤や降圧剤、その他にも骨の形成を助ける薬や、男性の勃起不全の改善と、本当にさまざまな種類があり分野に分かれています。中でもMRには、領域専門という位置があります。これは特定分野の疾患に関係する医薬品のみの取り扱う担当者ということになります

MRはこのように所属する製薬会社の製品についてよく知っておかなければなりません。それだけではなく、薬剤を使った患者さんのデーターを製薬会社にフィードバックすることも重要です。しかしそれだけではなく、実はコミュニケーション能力も相当に求められています。これは薬剤の説明をする、だけではありません。

基本的に医師は忙しく時間を有効に使いたいと思っています。そんなとき、MRが薬剤の説明を製薬会社のマニュアルに則って説明しようとすると、多くの時間を割くことになります。MRは医師の欲しいと思う情報を的確に、かつ簡潔にまとめて提供しなければなりません。また相手の言わんとすることをくみ取るという、聞く能力も求められます。

MRは一般的に給与が高いと思われています。それは給与だけでなく、福利厚生がしっかりとしており、家族手当や日当などがあるからでしょう。

しかしその一方で、薬剤についての勉強会や講演会など出張や休日出勤が多いのも特徴です。主に直行直帰というスタイルですが、内勤がないわけではありません。また他の職種と比べ、ストレスが多くかかり、離職率が高いことも挙げられます。

また転勤は全国に可能性があり、2年ごとなど頻繁に行われるほうもいます。年収の面では高いですが、やはり祖れなりの努力を求められる職業のようです。